北九州駅弁当について

会社概要

商号
北九州駅弁当株式会社
代表者
代表取締役 阿部 勇
所在

福岡県北九州市小倉北区下富野3丁目11番6号

TEL 093-531-0036(代) 
FAX 093-541-6353

創立
明治24年4月1日
設立
昭和31年9月1日
資本金
4,500万円
従業員数
正社員 39人 パート 74名 合計113名(平成21年7月現在)
取引銀行
北九州銀行 三萩野支店、みずほ銀行 北九州支店
決算期
8月末
事業内容

①弁当・料理・皿盛りの製造販売

②JR駅構内の出店営業(弁当・うどん・お土産)

③球場内での弁当委託販売

④競馬場内での委託販売

⑤食料品、飲料、雑貨、酒類の販売

沿革

明治24年
九州鉄道門司(現在の門司港)、高瀬(現在の玉名)間開通にあたり石藏家経営で弁当類の茶店創業。
明治39年
小倉駅にて松尾家経営で弁当類の茶店創業。
昭和19年
関門トンネル開通により、門司港より門司(大里)に移転。
昭和31年
北九州市の発展に対し、門司港駅構内営業(株)、(株)佳楽商店の二社合同により、北九州駅弁当(株)設立。石藏康作が社長に就任。
昭和33年
小倉駅移転に伴い新駅にて売店、立売り開業。
昭和47年
小倉北区下富野に本社ならびに工場新築移転開業。
昭和55年
井筒屋本店に弁当販売出店。
平成元年
業界初の無菌化工場として本社工場の改築完成。
平成7年
松尾定亮が社長に就任。
平成10年
福岡ドーム取引開始。
平成12年
松尾定亮が会長、中野文治が社長に就任。
平成14年
松尾裕司が社長に就任。