小倉駅ホームの
「かしわうどん」

僕たちのソウルフード故郷の味なんだよね。あの「クッキングパパ」に!※出典/「クッキングパパ」59巻 1985年〜モーニング(講談社)掲載中 作者:うえやまとち
甘辛く炊きあげた“かしわ”コシ控えめの“うどん”主張し過ぎない甘めの“出汁スープ”シンプルな具材に素っ気ない器ですが、どうにも忘れられない味なんです。

「立ち食い」といえば、関東地域ではそばが主流ですが、
小倉ではうどんが主流ではないでしょうか。
透き通ったうどんのつゆは、かつお昆布をベースに
鶏もも肉でだしをとった秘伝の甘めのつゆ。
そのつゆに沈む白い麺は、コシとは縁遠い柔らかい歯触り。
この麺が旨いつゆを含んでさらに柔らかになるのですが、
それがまた美味しいのです。
そして細かく刻んだかしわ肉を甘辛く炊き上げた自慢の『かしわ』。
メニューにかけうどんの設定がないのは、基本が『かしわ入』だからです。
おにぎりやいなりも人気。もちろん、そばもご用意しています。
電車へ持ち込みをご希望の場合は、
プラス30円でプラスチック容器に入れテイクアウトもできます。
お立ち寄りいただくお客様に、
これからも変わらない美味しさをお届けいたします。

北九州駅弁当の小倉駅売店の愛称は『ぷらっとぴっと』プラットホームとピットインをかけたもので、アメリカの某俳優さんとは関係ありません。北九州の小倉駅へお立ち寄りの際は、ぷらっと寄ってみてください。
北九州駅弁当の小倉駅売店の愛称は『ぷらっとぴっと』プラットホームとピットインをかけたもので、アメリカの某俳優さんとは関係ありません。北九州の小倉駅へお立ち寄りの際は、ぷらっと寄ってみてください。
小倉駅 在来「1」「2」ホーム

鹿児島本線をはじめ、大分方面へ向かう日豊本線や、
日田方面へ向かう日田彦山線が走る1番2番ホームでお待ちしています。

●営業時間/7:00〜21:00(オーダーストップ20:50)
●+30円で容器に入れてテイクアウトも可能です。

小倉駅 在来線「7」「8」ホーム

博多や門司港へ繋がる鹿児島本線、大分・宮崎方面へ向かう
特急が走る日豊本線が伸びる7番8番ホームでお待ちしています。

●営業時間/7:00〜22:00(オーダーストップ21:50)
●+30円で容器に入れてテイクアウトも可能です。

門司駅 在来線「1」「2」ホーム

鉄道の主要起点でもあった門司の1番2番ホームに
山からの海からの風を感じながら、風景に溶け込むように
静かに佇む立ち食いカウンターでお待ちしています。

●営業時間/7:00〜19:00(オーダーストップ18:50)
●+30円で容器に入れてテイクアウトも可能です。

ご注文について:お電話でのご注文受付は行っておりません。お支払いについて:代引でのお取り扱いは行っておりません。銀行振込もしくはクレジット払いでお願いいたします。
かしわうどん専用オンラインショップはコチラ